窓からの冷気がヤバいのでDIYした話

これはあくまで窓からの冷気の対処をするための生活の知恵の話なんです。決してフィギュア台が欲しかったわけじゃないんです。決してフィギュア台が欲しかったわけじゃないんです(大事なことなのでry)

新居にある高さ1m程度の窓ーー
コレだ!というレースのカーテンがなく、黒のドレープカーテンだけがつけられている。

正直まだ寒い。

2台目のエアコンを付けるお金なんてない。
どーしたもんか…と思ってググってみたら巷では「カーテンボックス」というものが売っているらしい。

断熱効果があって暖房効率アップ。
なるほどなるほどええやないか…と思って窓を見た私は震えた。

付ける隙間ないやん!!!

諦めかけた私を救ったのがこの言葉でした。
カーテンボックスのDIYは基本はL字に作るだけ!

…とはいえ、木材は確実にめんどくさいし、近くの100均の品揃えはイマイチ。
そこら辺に転がっていたスチレンボードを切ることにします。サイズはB2の5mm。

なんでこんなものが転がってるのかはさておき。

片面の紙だけを残してL字に切り出し、窓の幅に合うように木工ボンドで繋いでとりあえずは完成。垂直を保つ効果も睨んで隙間にはモールディングでも付けるのも良いかもしれません(やるとは言ってない)

…しっかし、このスペースなんか置けそうだよなー。なんだろうなー…

…なるほど。

特筆すべきはねんどろいどシロナ様がちょうど良いサイズで収まっているということですね!

ねんぷちであれば無印良品のアクリルケース、UDFやamiboもそれなりに「ちょうど良い」とされるケースがあるものの
ねんどろいどはどうにもこうにも上手くはまらず今まで涙を飲んで過ごしていたものです…

ということは、フィギュアの焼け対策にこいつの出番。

紫外線反射率は90%以上のアルミホイル!
どうやら、(元)クライアント製品使ってた模様。担当はUVカットシートだったけどなっ!

 裏面に両面テープで適当に貼り付けてます。しわっしわやないか…
窓のUVカットシートとか貼れば高いUVカット仕様のアクリルケースは不要なはず。

これで実家に置きっぱなしで捨てられそうになってるねんどろいど達をお迎えできそうですね!!待っててねドロッセルお嬢様!
やったー。フィギュアケース買わなくてよくなったぞー

あれ、ところでこれ何の話だっけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください