在りし日の記憶

僕の名前はイチル。皆からはイチと呼ばれている。
赤髪に「どこかの殺し屋みたい」と言われるが、普通の冒険者だ。
この世界では戦士や武闘家なんていう戦闘職を生業にしている冒険者もいるが、僕は専ら都市や遺跡を訪れては文献を読み漁るのに励んでいる。
そういえば、よく幼馴染とも故郷に残る文献について意見を交わしていた。

***

「イチさんは伝説の錬金術師についてどう思いますか?」
唐突に幼馴染は僕に問いかけた。
暖かい陽の光が射すテラスに二人、腰掛けて外を見る。目線の先には箱に何やら物を詰めてムニャムニャと唱える妹の姿があった。
「少なくとも、うちのパルみたいなことはないだろうね」
「でも、大人たちはパルさんを伝説の錬金術師の再来だともてはやしているんです」
家の前でやるもんだから、妹の周りには住民たちが集まって来ている。確かに彼らが妹を見る目は「近所の名物変人」を見る目ではない。

そんな期待の目とは裏腹、ボンッという爆発音と共に一筋、黒い煙が上がる。
「……失敗続きなのに、誰一人として傷つけてはいないのは、ある意味伝説だとは思うけどね」
「軽く五百回は超えてましたよね……」
「違うよ!もう六百二十一回目だよ!」
近くに住む少年が指摘する。彼は羊皮紙に数字を書き込み、律儀にカウントしてくれているようだ。
「もう!成功する時は成功するんだから」
妹は煤塗れの顔をこちらに向け、ぷりぷり怒っているが、羊皮紙の情報によれば成功の数は片手で数えられる程しかない。

「60年程昔、祖母を救った錬金術師…名前も残されておらず、祖母に聞いても素性について詳しいことは教えてはくれません」
「確実にあのバアさんなら覚えてるよな」
「ええ…忘れたとは言っていますが、祖母に限ってそんなはずはないでしょう」
「何か言えない事情がある…と?」
通算六百二十二回目という破裂音を聞きながら、僕は幼馴染の方を伺う。
「例えば輪廻転生…伝説の錬金術師が生まれ変わった先がパルさんだった、とか。祖母は巫女ですのでお告げでそれを知っている…なんてどうですか?」
幼馴染はふふっと笑いながら妄想とも言える考察を話す。
「でもそれだけなら皆に告げるんじゃないか?」
「うーん、そうですね。じゃあ、とても重大なお告げと共に託されたので、タイミングを見計らっている…というのはどうでしょう」
「時期が来たら、パルは壮大な旅に出る運命なのかもな」
「その時は僕らお供でもしましょうか」
二人で妹の旅路を勝手に想像しながら、僕は一抹の不安を覚えていた。

妹が錬金術をはじめた頃、両親は僕らを置いていなくなった。
そこに巫女の神託が加われば、両親は失踪したのではなく、何かの使命を帯びて旅立ったのではないか。妹は、錬金術で何か重大なことを起こしてしまうのではないだろうか。
「考えすぎかな」と独り言ち、失敗作を片付ける妹を手伝うために立ち上がった。

数日後、僕ら三人は本当に壮大な旅に出ることになるなんてこの時は思いもしなかった。
ーーー
【蛇足的補足】

どこかの殺し屋

映画にもなっているらしいマンガ。1話読んでみたけどついていけなかったのでよく知らない。

神話の塔を臨む

この場所で目覚めた時、僕は一筋の涙を流していた。

「勇者ちゃま、どうかなさいました?」
舌足らずな使用人が僕の顔を伺う。
「勇者じゃないってば…」
涙を拭いながら溢す言葉を拾い、使用人は胸を張る。
「いーえ!こんな舌足らずで仕事も出来ないぱーこを拾ってくだちゃった勇者ちゃまは、誰がなんといおうと勇者ちゃまなんです」

ぱーこ、本名をパルメという彼女が家へ来て一年が経つ。
彼女を連れてきた奴隷商人の女は、汚らしい毛むくじゃらの子どもよりも…と高貴なエルフをしきりに勧めていたが……本人も言うように、使用人としてはまるで役に立たないということをあの女も知っていたのかもしれない。
彼女を引き取ったのは一応の理由はある。
伸びきった髪を整えれば「汚らしい」と蔑まれた面影も消え、彼女はーー離れてしまった妹に生き写しの姿になった。

「ところでぱーこ。何故、寝室へ?」
声を掛けるとぱーこはあっと思い出したように手を叩く。
「お客様でし!」

***

蔵書を開放しているホールへ向かうと、見慣れた赤髪の女がカフェスペースで紅茶をすすっていた。
こちらに気付いた彼女は開口一番こう言った。
「アールグレイは好きじゃないんだって!」
……なんだか涙目になっていた。

「君のための討伐を誘いにきたのにこの仕打ちよ…ベルガモットの香り苦手なんやでぇ…」
「え、うん?なんかごめん」
「昔、マンガで見た『嫌いな客にホットのアールグレイ飲ませる』って話思い出したわ……」
「それ紅茶は好きな飲み方したらいいってオチの話でしょ?」
紅茶一杯でこんなにもクダを巻ける人物を僕は他には知らない。
彼女は通称「赤髪」。本名は誰も知らない。
近くに家を構えてはいるが、旅芸人をしているらしく、その家は無人のようだ。

「そんなことより、今日はどこに?」
彼女は「そんなことではない」という顔をしながらも砂漠地帯の地図を広げた。
「おたからさがし」

***

パンサーに跨り砂漠を疾走した先にあった塔は雲を突き抜け伸びていた。
「天まで届いて…まるで……」
「観覧車やな」
真顔で続ける赤髪の発言を無視し、塔へ近寄る。

「阪急エンターテイメントパーックッ!!」
後ろで、赤髪は謎の言葉を発している。

「まるで、かの神話の塔…ですね」
声に振り向くと、トレジャーハンター風の男が立っていた。
「イチさん、お久しぶりです!クロノです!」
「クロノくん?半年ぶり?」

友人のクロノは赤髪を先輩と慕う男の子だ(何の先輩後輩なのかは怖くて聞けないが)。スラッとしていかにもモテそうな出で立ちをしている。

「神の門…なのかどうかはわからないけどさ、錬金術に関する文献がたくさんあるんだ」
自分の世界から帰ってきた赤髪が塔を見上げながら呟く。
「イッちゃんの妹さん、錬金術師だったんでしょ?もしかしたらここのどこかにいるかもしれない」
「てっぺん見えないですけどね。でも、おともしますよ!」
二人はそうこちらに微笑みかけてくれたが、僕は知っている。

彼女はここにはいない。

彼女は時を渡り、何処かへ旅立ってしまったのだ。
過去なのか、未来なのか…夢の中、別れの言葉と共に渡された「忘れ物」は今、僕の手の中に握られている。

ーー
【蛇足的補足】

嫌いな客にホットのアールグレイ飲ませる

マンガ『紅茶王子』で作者に寄せられた「昔読んだ小説では…」という手紙。詳しくは2巻を参照。当記事内の赤髪の人は紅茶好きなのにホットでもアイスでも飲めない。
因みに「オレンジペコは紅茶の種類ではない論争」はアールグレイの妹だし上から2番目の葉ってことじゃね?と解釈しているのですがどうなんでしょうか。

観覧車(阪急エンターテイメントパーク)

大阪梅田のHEP FIVEの7階から生える観覧車。その昔しゃかりき頑張ってた人達の「天まで届くぞ 観覧車 それがあるのはHEP FIVE」というフレーズの漫才ネタがあった。