京都の坂なんてチョロいもんだ

あ、これタイトル全く関係ないやつやん…
ゆるキャン△5巻を読了した話。

海なし県民の海に対する執着を垣間見る。
海と山に囲まれた地、神戸に住むと平地に憧れます。
大阪の平地は良かったな…山ですら平たいぜ。天保山。
京都もなぁ…盆地だし、北はすぐ山だけど
「あ、この坂全然余裕やん…」とは思った。
神戸に比べればなんて事ない。
ただアレだ。

この辺りの道、もっと整備してくれやしないか。。

大きな通りはまだしも車の交通量の多い狭い道も多くて、そんな場所は車道も歩道も狭くてガタガタ…私のかわいいビアンキちゃんが傷むやないか!
移動、原付にしようかな…(あのどピンクの)

毎回、ソロキャンで読書をするしまりん。
学校では図書委員らしく、バイトも本屋。
読書家らしいけれど、読んでる本がいつもアレな感じです。

超古代文明Xの謎にはじまり、秘密結社の作り方…

あぁ、もうそんなサブカル的な本、大好きです。

因みに秘密結社は屋号として登録できる模様。
税務署に登録すると秘密でも何でもないとかいうのは置いといて。。
本は紙媒体で欲しい私としては本棚というものがないと本を買えず、未だに本は段ボール箱の中。。
最近新しい本が読めていないことにモヤモヤを感じます(言うてもこの本も12月発売ですしね)
Amazonさんのカートの中に蓄積されていく本たち…これぞバーチャル積読。4月には…何とかしたいなぁ。

ワンフォーオールオールわんわん!

犬は飼い主に似る!斉藤のせいでチワワにちくわって名前付けられないじゃないか!そんなゆるキャン△4巻を読了した話。

チワワにちくわって名前つけたかったのに…

野クルにも無事、顧問がついた今巻。
スモアと言えば、ドミニクアンセルベーカリーのフローズンスモア食べたいなぁ…って今更ながらに思うわけです。
この前行って来たらよかった。。
「わしは銀座千疋屋でいちごモンブラン食べるんやぁぁぁ!!!」って必死だったからな…

モンブランうまかった。

話を戻して、キャンプの定番スモア。
マクビティのチョコビス(ここ重要)に挟むのが大好きですが
家でやる場合は

①ノーマルビスケットにマシュマロをオン
②レンジで20〜30秒加熱
③温かいうちにビスケットで挟む
④湯煎で溶かしたチョコにくぐらせる

で、自作エンゼルパイにするのも良いです。
私はビスケットの代わりに甘食でやって、
なんちゃってウーピーパイにするわけですけどねっ。
一からウーピーパイを作るより超絶簡単。
久々に食べたいなぁ。。

そういえば、久々というと飯盒使っての米炊きをやってないな…と思いました。
そもそも昨年のシーズン中に太陽光を浴びた記憶がないんですが、長らく「サトウのごはんを湯煎で失敗ナシ☆」しか記憶にないんですよね。
クッカーとか円筒型の飯ごうとかでもなく、兵式飯ごう吊るしたい!あれ見たのって小学校の頃の何らかの行事でしかない気がする…久々どころの話じゃねぇな。。
もうずっとサトウのごはんユーザーです。
おいしいよ、サトウのごはん。

しっぺい太郎はおらんかね?

子供の頃に読んだ、しっぺい太郎伝説は長浜だったなぁ。ご当地しっぺい太郎…あれ、これ商品化いけるんじゃね…と思いながら、ゆるキャン△3巻読了です。

ある旅の僧が訪れた村には、毎年1人の娘を人身御供に神に捧げる風習がありました。この事態の解決に名乗り出た僧侶でしたが供物を運ぶ行列を見て驚愕。相手は神様でなく、怪物だったのです。

怪物の列は歌います。

「しっぺい太郎に知らせるなーー近江の国の長浜のしっぺい太郎に知らせるなーー」

弱点を言いふらすスタイル。

物語の中で「しっぺい太郎、犬やん!」ってみんな思ってたかもしれないけどね…そんなことより取り巻き妖怪、何で弱点言いふらしてんのかと問いたい。
猿の敗因は部下に恵まれなかったことです。オー人事オー人事…

最近のアウトドアの流行りは「手ぶら」。
BBQも肉屋が準備してくれるし、鴨川でピクニックすらカフェが準備してくれる…
荷物や準備、後片付けの煩わしさも醍醐味だというのに!

でも、グランピングはしてみたい!!

準備がどうっていうより、あの「テントの中でベッド」というのがすごく惹かれている。モンゴルのゲル的な。
滋賀にあるグランピングスポットはとても行ってみたい。ロータステント最高。
GLAMP ELEMENTとかマキノグランドパークホテルとか。

とはいえ。グランピングってグループ利用なわけなんですよね。
今とても一人旅で温泉入りたい気分なので、グランピング行こうぜ!って時期になるともう予約取れないんだろうなー。。

原付とチャッカネンさんと

突然話は変わりますがおんたま揚げ食べたい。そんなゆるキャン△2巻読了の話。

ゆるキャン△の良さはやっぱりなんと言っても
犬が可愛いに尽きると思っているのです。
犬子ではなく。私はしまりん派。

ぼっちで高ボッチのしまりんが乗る原付はYAMAHA Vino。
これを見た瞬間思いました。

昔乗ってた原付、今高く売れたんだろうな…

今も乗れる状態かどうかはさておきですけども。
基本的に私はホンダ派なので、Vino歴はそんなにありまへん。
御用達のバイク屋さんでゴーヤとか貰ってたから買収されているわけではなく。
Vinoやホンダのスクーピーの形があまり好きではないわけです。

参考記事1:専用カラーを施したおしゃれな原付スクーター「クレア スクーピー・スペシャル」を限定発売
参考記事2:レトロスポーツテイストを表現 ヤマハスクーター『ビーノ・スポーツ』発売

上の98年のVinoのカラーリングとかは好きなのですが、ベスパのような形が好きなのでこの後ジョルノクレア(スクーピーの前の型)に乗り替えるわけです。
紆余曲折を経て今の原付がこうなる…

ショッキングピンク!!!!
参考記事3:おしゃれな原付スクーター「ジョルノ」のカラーバリエーションを変更し発売

夜走ってもすげぇ目立つよ!!
たまに父親が乗ってる姿が面白いです。

だいぶキャンプから離れた話をしていますが。
板状の着火剤には私も苦い思い出があります。
同じように火が付かなかったんですよ…単に湿気てたのか、備長炭恐るべしなのか。
最終的にスペアとして持って来てたチャッカネン大量投入して火をつけたんですが、チャッカネンもそんないうほど火が移らないからめっちゃ焦るっていう。
当時はグルキャンだったので、みんなで騒いだんですが

これ、ソロキャンだったら泣くやつやん。

その後のチャッカネンさんがラードと間違えられそうになるとか
今となればいい思い出です。
ねぇ、まじあれ、どうやったら間違えるの…

チューブ型は使いやすいけど、使った後テーブルの食材と一緒に置いてたらえらい間違いをするぞ!という教訓です。キャップの色か。キャップの色なんか。

ボルシチ食べたい

そういう話じゃない。ゆるキャン△1巻を読んだ話。

iPadの変換機能はどこまで進化するつもりなのか…
ゆるキャン「△」まで変換されんのかよ!すげぇなiPad…

というわけで、ゆるキャン△読了。
赤いテントにガーランドを付けるとテンマクパンダっぽいな…と少し憧れます。
あいつ、インナーテント仕込んだら普通のテントやからな!
高くて手が出ないからって負け惜しみじゃねぇぞっ!!!

焚き火をすると顔の乾燥と煙の匂い移りだけでなく
「知らない間に服に穴開いてる」のと
「不完全燃焼時の煙で鼻血が出る」ことを注意していただきたいです。
焚き火を使ったキャンプ飯での鼻血離脱に定評のあるぱんだー。です。

冬キャンは寒くてできる気がしないわけですが。
私としては秋冬は公園でミニイスの上にブランケットに包まって魔法瓶の中のあったかいコーヒーをいちいちマグにうつして飲みながら本読むのがよろしいと思うのです。ちょこっとデイキャン気分。
コーヒーはNOTスタバで。家で入れるインスタントだからこそ映えるわけです。(答え:家で飲んでも美味しく淹れられないから)

部屋にコタツがあったら外にすら出ない所を、コーヒーを消費するために公園へ行く私!不毛すぎる!

キャンプ道具だって「3シーズン用」なわけで冬は別腹なわけです。Herinoxの冬用クッションはちょっと欲しい…

しまりんと同じような理由ではあるけれど
春とかになると…公園(変な)人増えるから…
秋とか冬とかにミノムシモードで楽しむのです。

まぁ…京都引っ越して、どこもかしこも観光客でいっぱいなので安息の地を探さないといけないんすけどね…(遠い目)