在りし日の記憶

僕の名前はイチル。皆からはイチと呼ばれている。
赤髪に「どこかの殺し屋みたい」と言われるが、普通の冒険者だ。
この世界では戦士や武闘家なんていう戦闘職を生業にしている冒険者もいるが、僕は専ら都市や遺跡を訪れては文献を読み漁るのに励んでいる。
そういえば、よく幼馴染とも故郷に残る文献について意見を交わしていた。

***

「イチさんは伝説の錬金術師についてどう思いますか?」
唐突に幼馴染は僕に問いかけた。
暖かい陽の光が射すテラスに二人、腰掛けて外を見る。目線の先には箱に何やら物を詰めてムニャムニャと唱える妹の姿があった。
「少なくとも、うちのパルみたいなことはないだろうね」
「でも、大人たちはパルさんを伝説の錬金術師の再来だともてはやしているんです」
家の前でやるもんだから、妹の周りには住民たちが集まって来ている。確かに彼らが妹を見る目は「近所の名物変人」を見る目ではない。

そんな期待の目とは裏腹、ボンッという爆発音と共に一筋、黒い煙が上がる。
「……失敗続きなのに、誰一人として傷つけてはいないのは、ある意味伝説だとは思うけどね」
「軽く五百回は超えてましたよね……」
「違うよ!もう六百二十一回目だよ!」
近くに住む少年が指摘する。彼は羊皮紙に数字を書き込み、律儀にカウントしてくれているようだ。
「もう!成功する時は成功するんだから」
妹は煤塗れの顔をこちらに向け、ぷりぷり怒っているが、羊皮紙の情報によれば成功の数は片手で数えられる程しかない。

「60年程昔、祖母を救った錬金術師…名前も残されておらず、祖母に聞いても素性について詳しいことは教えてはくれません」
「確実にあのバアさんなら覚えてるよな」
「ええ…忘れたとは言っていますが、祖母に限ってそんなはずはないでしょう」
「何か言えない事情がある…と?」
通算六百二十二回目という破裂音を聞きながら、僕は幼馴染の方を伺う。
「例えば輪廻転生…伝説の錬金術師が生まれ変わった先がパルさんだった、とか。祖母は巫女ですのでお告げでそれを知っている…なんてどうですか?」
幼馴染はふふっと笑いながら妄想とも言える考察を話す。
「でもそれだけなら皆に告げるんじゃないか?」
「うーん、そうですね。じゃあ、とても重大なお告げと共に託されたので、タイミングを見計らっている…というのはどうでしょう」
「時期が来たら、パルは壮大な旅に出る運命なのかもな」
「その時は僕らお供でもしましょうか」
二人で妹の旅路を勝手に想像しながら、僕は一抹の不安を覚えていた。

妹が錬金術をはじめた頃、両親は僕らを置いていなくなった。
そこに巫女の神託が加われば、両親は失踪したのではなく、何かの使命を帯びて旅立ったのではないか。妹は、錬金術で何か重大なことを起こしてしまうのではないだろうか。
「考えすぎかな」と独り言ち、失敗作を片付ける妹を手伝うために立ち上がった。

数日後、僕ら三人は本当に壮大な旅に出ることになるなんてこの時は思いもしなかった。
ーーー
【蛇足的補足】

どこかの殺し屋

映画にもなっているらしいマンガ。1話読んでみたけどついていけなかったのでよく知らない。

兵庫→東京へのお土産スイーツリスト

3月に毎年恒例の東京出張が予定されているので、お世話になってる人へのお土産候補リストをアップしたよ!

3月に毎年恒例の東京出張が予定されているので、
お世話になってる人に配りにゆくよ!!

神戸出身は私だけなので兵庫土産は被らないよ!安心!
…とはいえ、神戸でスイーツというと有名どころが多くて
大好きな風月堂のゴーフルとか買っていっても
「パッケージは認める」って言われるわけで。。
そんなワガママ東京人に神戸っ子の必殺スイーツアタックを食らわせてやるぜ!

・ツマガリの焼き菓子
「津曲太菓子」というロールケーキが好き。次点は「日向パウンド」。種類が多いので自分で選ぶ詰め合わせがベスト。ツマガリの焼き菓子はネーミングセンスが妬ましい。

・ショウタニ「和の心」
「柚子おまろん」も美味しいんだけど、風呂敷包みのギフトのウケが良かったりするんです。はじめて食ったケーキはショウタニ…って話しようとしたら「ユーハイムのフランクフルタークランツだよ」だそうな。僅かな武庫之荘暮らしの思い出は歩行器に乗ったまま2階の外階段から転げ落ちて未だに傷が残ってる…ということだけなのですね。

・フランツ「魔法の壺プリン」
新幹線の駅でも買えるようになったので持って行こう!…と思ったけれど、お土産用は冷凍商品なので出張先へのお土産には不向き。こんなにおいしいのに。。帰りに自分用に買いたいなぁ。東京できっと土産買い込むんだろうけど…

・TOOTH TOOTH「トゥースフレ」
神戸発だと暫く知らなかったしゃれおつカフェ春日春日。TOOTHはカヌレだろ!って言われたんだけどカヌレ好きちゃうねん…これも持って行くとしたら冷凍になるのかな。実家に帰る時のお土産ですね。

・ケーニヒスクローネ「神戸に住んでるこぐま」
クローネの神戸限定サブレ。だまされたおいしい。

・ミッシェルバッハ「夙川クッキーローゼ」
ジェンヌへの差し入れで有名な幻のクッキー…手に入れたら東京持って行かずに地消だわ。親戚一同に配るわ。一回しか食べたことないけどマカロンも美味。マカロンにしようかな。マカロン。次回!ミッシェルバッハに朝イチ並びに行くの巻!乞うご期待!的な。

・エス・コヤマ「思い出の大きな木」
お土産だからというのもあるけど、小山ロールよりバームクーヘンの方が好き。生ケーキが美味いんだけどTVチャンピオンで絶賛されたマジックは私の期待値を超えてくれなかった。先生が有名なってお菓子教室でセクハラ事案起こしてから足は遠退いたな…

・エルベラン「ティーフレンドクッキー」
今年1月にはじめて食べたエルベランのサブレが上品で美味しかった。やっぱり夙川で半世紀近く生きてる人はよく知ってるよね!(っていうと殴られる)

よーぅし、これだけ候補用意しておけば後はその場の雰囲気でお土産配るマシーンになるよ!江戸っ子からのプレスバターサンドカウンターを期待する。

因みに同期には551の豚まん持ってくよ!(差が激しい)