在りし日の記憶

僕の名前はイチル。皆からはイチと呼ばれている。
赤髪に「どこかの殺し屋みたい」と言われるが、普通の冒険者だ。
この世界では戦士や武闘家なんていう戦闘職を生業にしている冒険者もいるが、僕は専ら都市や遺跡を訪れては文献を読み漁るのに励んでいる。
そういえば、よく幼馴染とも故郷に残る文献について意見を交わしていた。

***

「イチさんは伝説の錬金術師についてどう思いますか?」
唐突に幼馴染は僕に問いかけた。
暖かい陽の光が射すテラスに二人、腰掛けて外を見る。目線の先には箱に何やら物を詰めてムニャムニャと唱える妹の姿があった。
「少なくとも、うちのパルみたいなことはないだろうね」
「でも、大人たちはパルさんを伝説の錬金術師の再来だともてはやしているんです」
家の前でやるもんだから、妹の周りには住民たちが集まって来ている。確かに彼らが妹を見る目は「近所の名物変人」を見る目ではない。

そんな期待の目とは裏腹、ボンッという爆発音と共に一筋、黒い煙が上がる。
「……失敗続きなのに、誰一人として傷つけてはいないのは、ある意味伝説だとは思うけどね」
「軽く五百回は超えてましたよね……」
「違うよ!もう六百二十一回目だよ!」
近くに住む少年が指摘する。彼は羊皮紙に数字を書き込み、律儀にカウントしてくれているようだ。
「もう!成功する時は成功するんだから」
妹は煤塗れの顔をこちらに向け、ぷりぷり怒っているが、羊皮紙の情報によれば成功の数は片手で数えられる程しかない。

「60年程昔、祖母を救った錬金術師…名前も残されておらず、祖母に聞いても素性について詳しいことは教えてはくれません」
「確実にあのバアさんなら覚えてるよな」
「ええ…忘れたとは言っていますが、祖母に限ってそんなはずはないでしょう」
「何か言えない事情がある…と?」
通算六百二十二回目という破裂音を聞きながら、僕は幼馴染の方を伺う。
「例えば輪廻転生…伝説の錬金術師が生まれ変わった先がパルさんだった、とか。祖母は巫女ですのでお告げでそれを知っている…なんてどうですか?」
幼馴染はふふっと笑いながら妄想とも言える考察を話す。
「でもそれだけなら皆に告げるんじゃないか?」
「うーん、そうですね。じゃあ、とても重大なお告げと共に託されたので、タイミングを見計らっている…というのはどうでしょう」
「時期が来たら、パルは壮大な旅に出る運命なのかもな」
「その時は僕らお供でもしましょうか」
二人で妹の旅路を勝手に想像しながら、僕は一抹の不安を覚えていた。

妹が錬金術をはじめた頃、両親は僕らを置いていなくなった。
そこに巫女の神託が加われば、両親は失踪したのではなく、何かの使命を帯びて旅立ったのではないか。妹は、錬金術で何か重大なことを起こしてしまうのではないだろうか。
「考えすぎかな」と独り言ち、失敗作を片付ける妹を手伝うために立ち上がった。

数日後、僕ら三人は本当に壮大な旅に出ることになるなんてこの時は思いもしなかった。
ーーー
【蛇足的補足】

どこかの殺し屋

映画にもなっているらしいマンガ。1話読んでみたけどついていけなかったのでよく知らない。

神話の塔を臨む

この場所で目覚めた時、僕は一筋の涙を流していた。

「勇者ちゃま、どうかなさいました?」
舌足らずな使用人が僕の顔を伺う。
「勇者じゃないってば…」
涙を拭いながら溢す言葉を拾い、使用人は胸を張る。
「いーえ!こんな舌足らずで仕事も出来ないぱーこを拾ってくだちゃった勇者ちゃまは、誰がなんといおうと勇者ちゃまなんです」

ぱーこ、本名をパルメという彼女が家へ来て一年が経つ。
彼女を連れてきた奴隷商人の女は、汚らしい毛むくじゃらの子どもよりも…と高貴なエルフをしきりに勧めていたが……本人も言うように、使用人としてはまるで役に立たないということをあの女も知っていたのかもしれない。
彼女を引き取ったのは一応の理由はある。
伸びきった髪を整えれば「汚らしい」と蔑まれた面影も消え、彼女はーー離れてしまった妹に生き写しの姿になった。

「ところでぱーこ。何故、寝室へ?」
声を掛けるとぱーこはあっと思い出したように手を叩く。
「お客様でし!」

***

蔵書を開放しているホールへ向かうと、見慣れた赤髪の女がカフェスペースで紅茶をすすっていた。
こちらに気付いた彼女は開口一番こう言った。
「アールグレイは好きじゃないんだって!」
……なんだか涙目になっていた。

「君のための討伐を誘いにきたのにこの仕打ちよ…ベルガモットの香り苦手なんやでぇ…」
「え、うん?なんかごめん」
「昔、マンガで見た『嫌いな客にホットのアールグレイ飲ませる』って話思い出したわ……」
「それ紅茶は好きな飲み方したらいいってオチの話でしょ?」
紅茶一杯でこんなにもクダを巻ける人物を僕は他には知らない。
彼女は通称「赤髪」。本名は誰も知らない。
近くに家を構えてはいるが、旅芸人をしているらしく、その家は無人のようだ。

「そんなことより、今日はどこに?」
彼女は「そんなことではない」という顔をしながらも砂漠地帯の地図を広げた。
「おたからさがし」

***

パンサーに跨り砂漠を疾走した先にあった塔は雲を突き抜け伸びていた。
「天まで届いて…まるで……」
「観覧車やな」
真顔で続ける赤髪の発言を無視し、塔へ近寄る。

「阪急エンターテイメントパーックッ!!」
後ろで、赤髪は謎の言葉を発している。

「まるで、かの神話の塔…ですね」
声に振り向くと、トレジャーハンター風の男が立っていた。
「イチさん、お久しぶりです!クロノです!」
「クロノくん?半年ぶり?」

友人のクロノは赤髪を先輩と慕う男の子だ(何の先輩後輩なのかは怖くて聞けないが)。スラッとしていかにもモテそうな出で立ちをしている。

「神の門…なのかどうかはわからないけどさ、錬金術に関する文献がたくさんあるんだ」
自分の世界から帰ってきた赤髪が塔を見上げながら呟く。
「イッちゃんの妹さん、錬金術師だったんでしょ?もしかしたらここのどこかにいるかもしれない」
「てっぺん見えないですけどね。でも、おともしますよ!」
二人はそうこちらに微笑みかけてくれたが、僕は知っている。

彼女はここにはいない。

彼女は時を渡り、何処かへ旅立ってしまったのだ。
過去なのか、未来なのか…夢の中、別れの言葉と共に渡された「忘れ物」は今、僕の手の中に握られている。

ーー
【蛇足的補足】

嫌いな客にホットのアールグレイ飲ませる

マンガ『紅茶王子』で作者に寄せられた「昔読んだ小説では…」という手紙。詳しくは2巻を参照。当記事内の赤髪の人は紅茶好きなのにホットでもアイスでも飲めない。
因みに「オレンジペコは紅茶の種類ではない論争」はアールグレイの妹だし上から2番目の葉ってことじゃね?と解釈しているのですがどうなんでしょうか。

観覧車(阪急エンターテイメントパーク)

大阪梅田のHEP FIVEの7階から生える観覧車。その昔しゃかりき頑張ってた人達の「天まで届くぞ 観覧車 それがあるのはHEP FIVE」というフレーズの漫才ネタがあった。

さよならSyntaxHighlight

さよならCrayon。そしてプラグインのない世界へ…
プラグインを使わずにWordpressをカスタムする何かのお話(たぶん)

さよならCrayon。そしてプラグインのない世界へ…

軽量化を図るためCrayonを裏切り、prism.jsを利用することにしました。
Prism

自分の備忘のためにprismの使い方をば。
DL方法等は他のサイトを参照ください…ではありますが、ひとつだけ。
プラグインの「LineHighlight」と「LineNumbers」は含めておいた方がいい。
あと「commandLine」の「data-user」は萌える。

例に書くことなかったんでCSSとJSの読み込みでも書いておきます。

/**
 * CSSとJSの読込設定
 * @author pnd
 * @since 2018.04.02 
 */
function setScript() {
	wp_enqueue_style( 'syntax', get_template_directory_uri() . '/css/prism.css');
	wp_enqueue_script( 'syntax', get_template_directory_uri() . '/js/prism.js', array( 'jquery' ));
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'setScript' );

指定したコードはこんな感じ。

<pre class="line-numbers" data-line="1,3">
    <code class="language-php">
    <!-- ここにコード -->
    </code>
</pre>

基本的には

class=”line-numbers” 行番号を表示する
data-line=”1″ ハイライトする行を指定する。
指定方法は(1-3,5)で1から3行目と5行目をハイライト
class=”language-言語名” 言語を指定する。HTMLの場合はmarkup。
Downloadページでチェックしてる名前書けばOK

唯一の欠点はもう既に自分が何の言語にチェックしたかわからないことですかね。
Fortranとかネタでチェックしたんじゃないか説…

プラグインだとタグを気にせずに書けるのが良い所だったりしますが、
どうせこんな記事書くヤツにpreとかcodeとかわからないヤツいないだろ…と。
そんなわけで、今年も極力プラグインを使わないカスタマイズを進めます。

京都の坂なんてチョロいもんだ

あ、これタイトル全く関係ないやつやん…
ゆるキャン△5巻を読了した話。

海なし県民の海に対する執着を垣間見る。
海と山に囲まれた地、神戸に住むと平地に憧れます。
大阪の平地は良かったな…山ですら平たいぜ。天保山。
京都もなぁ…盆地だし、北はすぐ山だけど
「あ、この坂全然余裕やん…」とは思った。
神戸に比べればなんて事ない。
ただアレだ。

この辺りの道、もっと整備してくれやしないか。。

大きな通りはまだしも車の交通量の多い狭い道も多くて、そんな場所は車道も歩道も狭くてガタガタ…私のかわいいビアンキちゃんが傷むやないか!
移動、原付にしようかな…(あのどピンクの)

毎回、ソロキャンで読書をするしまりん。
学校では図書委員らしく、バイトも本屋。
読書家らしいけれど、読んでる本がいつもアレな感じです。

超古代文明Xの謎にはじまり、秘密結社の作り方…

あぁ、もうそんなサブカル的な本、大好きです。

因みに秘密結社は屋号として登録できる模様。
税務署に登録すると秘密でも何でもないとかいうのは置いといて。。
本は紙媒体で欲しい私としては本棚というものがないと本を買えず、未だに本は段ボール箱の中。。
最近新しい本が読めていないことにモヤモヤを感じます(言うてもこの本も12月発売ですしね)
Amazonさんのカートの中に蓄積されていく本たち…これぞバーチャル積読。4月には…何とかしたいなぁ。

ワンフォーオールオールわんわん!

犬は飼い主に似る!斉藤のせいでチワワにちくわって名前付けられないじゃないか!そんなゆるキャン△4巻を読了した話。

チワワにちくわって名前つけたかったのに…

野クルにも無事、顧問がついた今巻。
スモアと言えば、ドミニクアンセルベーカリーのフローズンスモア食べたいなぁ…って今更ながらに思うわけです。
この前行って来たらよかった。。
「わしは銀座千疋屋でいちごモンブラン食べるんやぁぁぁ!!!」って必死だったからな…

モンブランうまかった。

話を戻して、キャンプの定番スモア。
マクビティのチョコビス(ここ重要)に挟むのが大好きですが
家でやる場合は

①ノーマルビスケットにマシュマロをオン
②レンジで20〜30秒加熱
③温かいうちにビスケットで挟む
④湯煎で溶かしたチョコにくぐらせる

で、自作エンゼルパイにするのも良いです。
私はビスケットの代わりに甘食でやって、
なんちゃってウーピーパイにするわけですけどねっ。
一からウーピーパイを作るより超絶簡単。
久々に食べたいなぁ。。

そういえば、久々というと飯盒使っての米炊きをやってないな…と思いました。
そもそも昨年のシーズン中に太陽光を浴びた記憶がないんですが、長らく「サトウのごはんを湯煎で失敗ナシ☆」しか記憶にないんですよね。
クッカーとか円筒型の飯ごうとかでもなく、兵式飯ごう吊るしたい!あれ見たのって小学校の頃の何らかの行事でしかない気がする…久々どころの話じゃねぇな。。
もうずっとサトウのごはんユーザーです。
おいしいよ、サトウのごはん。

しっぺい太郎はおらんかね?

子供の頃に読んだ、しっぺい太郎伝説は長浜だったなぁ。ご当地しっぺい太郎…あれ、これ商品化いけるんじゃね…と思いながら、ゆるキャン△3巻読了です。

ある旅の僧が訪れた村には、毎年1人の娘を人身御供に神に捧げる風習がありました。この事態の解決に名乗り出た僧侶でしたが供物を運ぶ行列を見て驚愕。相手は神様でなく、怪物だったのです。

怪物の列は歌います。

「しっぺい太郎に知らせるなーー近江の国の長浜のしっぺい太郎に知らせるなーー」

弱点を言いふらすスタイル。

物語の中で「しっぺい太郎、犬やん!」ってみんな思ってたかもしれないけどね…そんなことより取り巻き妖怪、何で弱点言いふらしてんのかと問いたい。
猿の敗因は部下に恵まれなかったことです。オー人事オー人事…

最近のアウトドアの流行りは「手ぶら」。
BBQも肉屋が準備してくれるし、鴨川でピクニックすらカフェが準備してくれる…
荷物や準備、後片付けの煩わしさも醍醐味だというのに!

でも、グランピングはしてみたい!!

準備がどうっていうより、あの「テントの中でベッド」というのがすごく惹かれている。モンゴルのゲル的な。
滋賀にあるグランピングスポットはとても行ってみたい。ロータステント最高。
GLAMP ELEMENTとかマキノグランドパークホテルとか。

とはいえ。グランピングってグループ利用なわけなんですよね。
今とても一人旅で温泉入りたい気分なので、グランピング行こうぜ!って時期になるともう予約取れないんだろうなー。。

原付とチャッカネンさんと

突然話は変わりますがおんたま揚げ食べたい。そんなゆるキャン△2巻読了の話。

ゆるキャン△の良さはやっぱりなんと言っても
犬が可愛いに尽きると思っているのです。
犬子ではなく。私はしまりん派。

ぼっちで高ボッチのしまりんが乗る原付はYAMAHA Vino。
これを見た瞬間思いました。

昔乗ってた原付、今高く売れたんだろうな…

今も乗れる状態かどうかはさておきですけども。
基本的に私はホンダ派なので、Vino歴はそんなにありまへん。
御用達のバイク屋さんでゴーヤとか貰ってたから買収されているわけではなく。
Vinoやホンダのスクーピーの形があまり好きではないわけです。

参考記事1:専用カラーを施したおしゃれな原付スクーター「クレア スクーピー・スペシャル」を限定発売
参考記事2:レトロスポーツテイストを表現 ヤマハスクーター『ビーノ・スポーツ』発売

上の98年のVinoのカラーリングとかは好きなのですが、ベスパのような形が好きなのでこの後ジョルノクレア(スクーピーの前の型)に乗り替えるわけです。
紆余曲折を経て今の原付がこうなる…

ショッキングピンク!!!!
参考記事3:おしゃれな原付スクーター「ジョルノ」のカラーバリエーションを変更し発売

夜走ってもすげぇ目立つよ!!
たまに父親が乗ってる姿が面白いです。

だいぶキャンプから離れた話をしていますが。
板状の着火剤には私も苦い思い出があります。
同じように火が付かなかったんですよ…単に湿気てたのか、備長炭恐るべしなのか。
最終的にスペアとして持って来てたチャッカネン大量投入して火をつけたんですが、チャッカネンもそんないうほど火が移らないからめっちゃ焦るっていう。
当時はグルキャンだったので、みんなで騒いだんですが

これ、ソロキャンだったら泣くやつやん。

その後のチャッカネンさんがラードと間違えられそうになるとか
今となればいい思い出です。
ねぇ、まじあれ、どうやったら間違えるの…

チューブ型は使いやすいけど、使った後テーブルの食材と一緒に置いてたらえらい間違いをするぞ!という教訓です。キャップの色か。キャップの色なんか。

窓からの冷気がヤバいのでDIYした話

これはあくまで窓からの冷気の対処をするための生活の知恵の話なんです。決してフィギュア台が欲しかったわけじゃないんです。決してフィギュア台が欲しかったわけじゃないんです(大事なことなのでry)

新居にある高さ1m程度の窓ーー
コレだ!というレースのカーテンがなく、黒のドレープカーテンだけがつけられている。

正直まだ寒い。

2台目のエアコンを付けるお金なんてない。
どーしたもんか…と思ってググってみたら巷では「カーテンボックス」というものが売っているらしい。

断熱効果があって暖房効率アップ。
なるほどなるほどええやないか…と思って窓を見た私は震えた。

付ける隙間ないやん!!!

諦めかけた私を救ったのがこの言葉でした。
カーテンボックスのDIYは基本はL字に作るだけ!

…とはいえ、木材は確実にめんどくさいし、近くの100均の品揃えはイマイチ。
そこら辺に転がっていたスチレンボードを切ることにします。サイズはB2の5mm。

なんでこんなものが転がってるのかはさておき。

片面の紙だけを残してL字に切り出し、窓の幅に合うように木工ボンドで繋いでとりあえずは完成。垂直を保つ効果も睨んで隙間にはモールディングでも付けるのも良いかもしれません(やるとは言ってない)

…しっかし、このスペースなんか置けそうだよなー。なんだろうなー…

…なるほど。

特筆すべきはねんどろいどシロナ様がちょうど良いサイズで収まっているということですね!

ねんぷちであれば無印良品のアクリルケース、UDFやamiboもそれなりに「ちょうど良い」とされるケースがあるものの
ねんどろいどはどうにもこうにも上手くはまらず今まで涙を飲んで過ごしていたものです…

ということは、フィギュアの焼け対策にこいつの出番。

紫外線反射率は90%以上のアルミホイル!
どうやら、(元)クライアント製品使ってた模様。担当はUVカットシートだったけどなっ!

 裏面に両面テープで適当に貼り付けてます。しわっしわやないか…
窓のUVカットシートとか貼れば高いUVカット仕様のアクリルケースは不要なはず。

これで実家に置きっぱなしで捨てられそうになってるねんどろいど達をお迎えできそうですね!!待っててねドロッセルお嬢様!
やったー。フィギュアケース買わなくてよくなったぞー

あれ、ところでこれ何の話だっけ。

そうだ!デス・スター照明を改造しよう!

デス・スターにするとは言ってない!初期のエメラルドの奴が半額以下になっていたので遊んでみる。

IKEA PS 2014。通称デス・スター。
1月頃に最初に出たカラバリからグリーンだけ半額とかになってたので購入。
「うへへー。落ち着いたらArduinoとモーター組み込んで自動開閉させるんだー」
今思えばコレ落ち着かないフラグだった…

新居のダイニング用に照明を買う暇もなく早1ヶ月。
コレ開けてみるかー…と組み立てる。

oh…何ともサイバー…
ここには黒のペンダントライトか黒アイアンのシンプルなシャンデリアの予定だったもんなぁ…

…塗るか…

というわけで、突然のDIY。
気になっているZARAZARA BASEの試用も兼ねてみる。

400のペーパー→600のペーパー→メラミンスポンジの順に下処理をして、プライマー塗って…ベース材(ZARAZARA BASE)を塗装。
how-toブログではないので写真や詳細手順は割愛。

アイアンペイントで出すザラザラ感より大きな粒のザラザラ質感が作れる模様。
うぉーこれは上からペンキ塗るより、タミヤスプレーが唸るぜぇぇ!

…とは言ったものの、タミヤスプレーのマットブラックは切れてるので、アイアンペイント塗るんですけどね?計画性なんてない。
裏面はアルミシルバーを噴いておきました。
大好きアルミシルバー。アルミシルバーの写真だけ置いときますね(何

裏だと思ってざっついなー。。
…と、ここまでの工程を×40パーツ分。
つらい…もう絶対やんねぇ…そりゃ、裏は雑にもなるっすよ…
特に400のペーパーかけ終わった時に「え、これもしかして600もかけんの?もうよくない?」って悩むっていう…手ぇ痛ぇ…
誰だよ。塗装しようとか言い出したの。

そんなわけで出来上がったのがこちら。
ヒラーク…

トジール…



…なるほど。
これ、アレっすね。中のアームの緑が問題なんだわ。
LEDを昼光色に設定しているのもあるけれど、閉じた時に緑の反射があるのが何とも。よーぅし気にしたら負けだから、今度こそ落ち着いたらArduinoで電子工作するぞー!
その前にまだ開いてない段ボール開けるぞー!

兵庫→東京へのお土産スイーツリスト

3月に毎年恒例の東京出張が予定されているので、お世話になってる人へのお土産候補リストをアップしたよ!

3月に毎年恒例の東京出張が予定されているので、
お世話になってる人に配りにゆくよ!!

神戸出身は私だけなので兵庫土産は被らないよ!安心!
…とはいえ、神戸でスイーツというと有名どころが多くて
大好きな風月堂のゴーフルとか買っていっても
「パッケージは認める」って言われるわけで。。
そんなワガママ東京人に神戸っ子の必殺スイーツアタックを食らわせてやるぜ!

・ツマガリの焼き菓子
「津曲太菓子」というロールケーキが好き。次点は「日向パウンド」。種類が多いので自分で選ぶ詰め合わせがベスト。ツマガリの焼き菓子はネーミングセンスが妬ましい。

・ショウタニ「和の心」
「柚子おまろん」も美味しいんだけど、風呂敷包みのギフトのウケが良かったりするんです。はじめて食ったケーキはショウタニ…って話しようとしたら「ユーハイムのフランクフルタークランツだよ」だそうな。僅かな武庫之荘暮らしの思い出は歩行器に乗ったまま2階の外階段から転げ落ちて未だに傷が残ってる…ということだけなのですね。

・フランツ「魔法の壺プリン」
新幹線の駅でも買えるようになったので持って行こう!…と思ったけれど、お土産用は冷凍商品なので出張先へのお土産には不向き。こんなにおいしいのに。。帰りに自分用に買いたいなぁ。東京できっと土産買い込むんだろうけど…

・TOOTH TOOTH「トゥースフレ」
神戸発だと暫く知らなかったしゃれおつカフェ春日春日。TOOTHはカヌレだろ!って言われたんだけどカヌレ好きちゃうねん…これも持って行くとしたら冷凍になるのかな。実家に帰る時のお土産ですね。

・ケーニヒスクローネ「神戸に住んでるこぐま」
クローネの神戸限定サブレ。だまされたおいしい。

・ミッシェルバッハ「夙川クッキーローゼ」
ジェンヌへの差し入れで有名な幻のクッキー…手に入れたら東京持って行かずに地消だわ。親戚一同に配るわ。一回しか食べたことないけどマカロンも美味。マカロンにしようかな。マカロン。次回!ミッシェルバッハに朝イチ並びに行くの巻!乞うご期待!的な。

・エス・コヤマ「思い出の大きな木」
お土産だからというのもあるけど、小山ロールよりバームクーヘンの方が好き。生ケーキが美味いんだけどTVチャンピオンで絶賛されたマジックは私の期待値を超えてくれなかった。先生が有名なってお菓子教室でセクハラ事案起こしてから足は遠退いたな…

・エルベラン「ティーフレンドクッキー」
今年1月にはじめて食べたエルベランのサブレが上品で美味しかった。やっぱり夙川で半世紀近く生きてる人はよく知ってるよね!(っていうと殴られる)

よーぅし、これだけ候補用意しておけば後はその場の雰囲気でお土産配るマシーンになるよ!江戸っ子からのプレスバターサンドカウンターを期待する。

因みに同期には551の豚まん持ってくよ!(差が激しい)